『貧乏で生活できない』生活が苦しくて、どうすればいいのかわかりません。





生活が苦しくて、どうすればいいのかわかりません。

私は26歳の主婦で、旦那が29歳、息子が2歳の3人暮らしをしています。

どちらの実家も貧乏なため、頼ることができないです。

旦那の借金が50万円ほどの車のローンと、5、6年前から少しずつ借りては返してを繰り返し

て積み重なっているのが50万円。

私の借金はここ1年の間に生活費として少しずつ借りていたのが20万円ほどです。

収入については、旦那が16万円ほどで、私が4万円ほどです。

旦那の仕事が休みの日に、私がアルバイトしています。

このお給料から毎月7万ずつ返済をしている状態です。

家賃は4万円で、光熱費が1万5千円。

今まではこのようになんとかやってはきましたが、会社が不況に入ってしまい、調整休を取らせられてしまったり、旦那が体調を崩して長期休みを取ったりで、収入が10万円を切ってしまう月がしばらく続きました。

車の車検も切れてしまいましたが、車検を取るお金もないです。

しかし、田舎のため車がないと仕事にも行けないのです。

借金の滞納してしまっています。

何からすればいいのかわからず、途方に暮れてしまっています。

どうかアドバイスをお願いします。

回答1

全部で120万ほどの借金があるという事でしょうか?

その程度で自己破産は勿体無いですし、自己破産していまうと車も手放さないといけなくなります。

正直にいいますが、あなたがもっと働かなければどうしようもないことだと思いますよ。

失礼ではありますが、低所得の家庭なら子どもが2歳でも保育園に預けるのは安いと思われますし、借金に7万円返していくのは厳しいと思います。

急に景気悪くなってしまうと予定が狂いますから、仕方のないことですよね。ただ、子どもを施設に預けたり、風俗で働くようなことだけはしないでほしいものです。そんなことをしなくても、必ず違う道はありますからね。

最後の手段はありますが、それをまだ使う時ではないのです。

私はあなたほどの借金があり、幼い子どもが3人いるシングルマザーを知っています。ですが、親には頼りたくないし、子どもは誰にも渡したくないとひとりで必死に仕事も育児も頑張っています。子どもは保育園に預けて、9時から18時まで働き、朝は新聞配達までしているのですよ。

その方からみたら、あなたは甘えていると思われるでしょ。

絶対に頑張れば何とかなりますから!子どものためにも、今が踏ん張りどきですよ。

やるだけのことをやって無理なら、また相談してください。

法的なことを含めて、同じ子を持つ親としてあなたの力になります。

回答2

真面目にいいますが、私の知り合いの中にデリバリーヘルスをしている人がいます。

同じく田舎ではありますが、普通に頑張っても月50万は稼いでいるみたいです。頑張らなかったとしても、20~30万だそうです。

お昼の仕事をやめ、夜に働けば1年間で家計は黒字になるでしょう。

ただ、一度でも夜の世界の金銭感覚が染み付いてしまうとやめられなくなる人が多いようです。実家にも頼れないのであれば、仕方がありません。

あなたの中で期間を決めて、働いてみてはいかがでしょうか?夜であれば、子どもがいてもなんとかなりますよね?お金がないと明るい家庭も暗くなってしまいます。

こればかりはどうしようないことで、とりあえず苛立ってトラブルが起こるでしょう。そして最終的に離婚や自己破産になってしまうでしょう。

若い女性のホームレスは見たことがありますか?若い女性は有利なのです。

真面目に考えてみてください。

ただ、子どもには笑顔で接することを忘れないでくださいね。

回答3

実家は遠くにあるのですか?

親に金銭面で頼ることは難しくても、せめて子どもを数時間だけ預かってもらうことはできないのですか?それができれば、あなたがもう少し働けると思いますが。

あと、旦那さんとの時間をずらして仕事をするなど、風俗とかではなくても、普通の居酒屋やコンビニとかを探せば結構ありそうですよね。

とりあえず、子どものために借金だけは返済できるように頑張ってくださいね。

回答4

厳しい意見が続いていますね。

収入があまりに少ないからと、節約でどうにかできるレベルの話ではありませんね。

やるべきことは、

  1. 夫婦でもう一度、現状についてよく確認するして、認識を同じにすること。
  2. これまでのことを反省すること。
  3. 夫婦それぞれが、収入を上げる方法について考えて話し合うこと。
  4. 一緒に考えてくれる第三者である市役所に相談すること。

お金の問題ですから、親が駄目であれば、あとは市役所以外で話は聞いてくれさえしませんよ。

あなたが風俗で働けばというくらいしか、他人からは言いようがないのです。

友人や知人も、そういう状態の人とは関わり合いになりたくないのでしょうね。

市役所に行って、生活保護と自己破産について教えてほしいと言い、担当の方に現状を伝えて相談することです。

すぐに生活保護や自己破産の手続きに入るということではなく、まずはアドバイスを頂けますし、またはその問題について適切に対応、相談に乗ってくれる機関を紹介してもらえます。

安心してくださいね。

何にもなくても、必ずここから始めることです。

子どものために、一刻も早く始めてください。

できれば今日にでも行ってきてください。

あと、借金の借り換えで支払いを少し楽にするという方法もありますが、現段階では絶対にやらないでください。

100%の確立で騙され、今よりもっと深刻な状況に追い込まれてしまいます。

子どもを殺すハメになるかもしれないですから、忘れないでください。

まず、市役所に相談をすることです。

車ですが、車検切れをしていて通勤に使用していたら、犯罪ですよ。

お金がないから仕方がないでは済むことではありません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加